京大生直伝!効率のいいノートの取り方を伝授

受験

どうも、京大生ブロガーのマッケンです。

今回はですね、気になる人も多いかと思われる「勉強できる人間は

どんなふうにノートをとっているか」について解説します。

 

小学校の頃から先生に言われるがままにノートを取ってきた方がおおいのではないでしょうか?

私も小学校の低学年の頃まではなんとか先生の言うことを聞いてノートをとって

いたわけですが、途中で気付くわけです。

「こんなことしていても時間の無駄じゃね?」

 

この感覚は今から思えば凄く正しいものだったと思います。

 

しかしこのことに気づくことができず、あるいは「常識」に抗うことができず

意味のないノートを取る習慣が身についてしまっている人がたくさんいます。

高校生の頃、同級生の無駄なノートの取り方をしている人がいました。

 

私はそれが不憫でならなかったので今回は、大学受験までを経験して、身についた効率の良いノートの取り方を紹介します。

 

そもそもノートを取るな!!

散々ノートの取り方を教えると言っておいて何言ってんの?と思うかもしれませんが、

良いノートをとるための最善の方法はできるだけノートをとろうとしないことです。

 

ノートを取る時にできるだけ多くの情報を書こうとする人がいますが、そんなことは無駄でしかありません。

ノートは後で自分で見返すためにとるのなら、できるだけ少ない情報で簡潔にまとめられている方がいいに決まっています。

 

たくさんの情報がノートの書かれていると、何が大事なのかが曖昧になり無駄が生じます。

 

無駄な情報までノートに書くのは時間と労力の無駄です。

そもそもノートとは英語でメモを表す言葉です。

 

教科書丸写しのようなノートブックのことなんかじゃありません。

必要最低限の情報だけをメモするようにしましょう。

 

教科書・参考書に書いてあることを写すな!

教科書や参考書に書いてある情報をノートに写してなんの意味があるんですか?

最初から教科書を見ればいいじゃんってなりますよね。

 

教科書のどこに知りたい情報がわかるように、「〇〇 △ページ」というようにメモだけ

とっておけば、復習するときに〇〇ってなんだっけってなった時にもすぐに教科書を参照できます。

 

また授業を聞いていて、黒板の板書を一生懸命写すのは死んでもやめましょう。

第一に黒板に書いてある情報が100%必要なことはまずない。

第二に板書していると授業を聞くことに集中できない。

第三に例え全てノートに書き取って後で復習できるにしても、授業を集中して聞いて

その場で覚えてしまった方が格段にはやい。

 

必要な情報だけを抜き出すようにしましょう。

 

メモを取るのはノートでなく参考書に

メモを取るならノートブックではなく参考書に書き込みましょう。

教科書は初歩的なことしか書いていないし、情報量が少ないから、メインの勉強教材にするには質が低い。

 

まあなんでもいいですが、市販の参考書や、塾のテキストなどでもいいです。

勉強を始めたばかりの人なら教科書を使っても問題ないです。

 

そのメイン教材に書かれていないことだけを書き込むようにしましょう。

授業を聞いていてわからない単語などがあればどんどんそのメイン教材の空欄のスペース

などにメモしていきましょう。

 

そうすることで、漏れなくだぶりなくメイン教材に情報をためていくことができます。

後で復習するときもその一冊だけあれば事足ります。

 

無駄なマーカーをひくな

同じ高校の知りあいの中には参考書の文章にびっしりマーカーが引いてある人がいました。

私はずっと思っていました。「こいつ馬鹿だろ」

 

マーカーを引きすぎてどこが大事なのかわからない。

次に、マーカーと文字が重なってみづらい。

 

自分が覚えたい単語があるなら、アンダーラインを引くか、その単語を

丸で囲むようにしましょう。

 

もし、参考書がアンダーラインだらけになるようなら、勉強不足です。

そもそもアンダーラインを引く段階にありません。

 

強調というのは強調する対象が圧倒的に少数だからこそ意味をなすのです。

 

以上が一応私流のノートの取り方です。

まずスタンスとしては、無駄な情報をノートに書かない。

できる限り初めて触れた(覚えていない)情報はその場で覚えきる。

本当に覚えきれなかった部分だけを完結に参考書などにまとめるようにしましょう。

 

受験だけでなく資格試験にも言えることなどでやってみてください。

 


コメント