英語の長文が解けるようになるための勉強法を紹介

受験

どうも京大生ブロガーのマッケンです。

 

大学受験のために英語の勉強をしている高校生や、就活生でTOEICの勉強をしている方、あるいは社会人で昇進するために英語の試験を受けているという方は多いでしょう。

 

そんな英語を勉強している方で多いのが、長文問題が解けないという方です。

私が高校生だった頃にも、同級生に英語の長文が解けないという人はたくさん

いました。

 

長文が読めない、内容がわからない、設問が解けないという状況の方は何かしら能力や

知識が欠如していることになります。

 

今でこそ、英語の長文(京大をはじめ国公立大学二次試験、英検1級、TOEICレベル)

をスラスラ読んで9割ぐらいの内容を読み取ることができますが、最初からそんなことができたわけではありません。

 

英語を勉強し始めた頃は、全然長文で何を言っているのかがわかりませんでした。

必要な知識をまだ身につけていなかったので当たり前のことです。

 

だから今長文問題が解けないからといってあなたに英語の才能がないわけでもないし、悲観する必要も全くありません。

これから正しい勉強法で十分な量をやればしっかりとできるようになります。

 

まずは何と言っても単語!!

まず、英語の長文が解けないという人の多くが必要な単語を覚えていません。

単語の意味がわからないのに文章の意味がわかるわけないですよね?

 

母国語である日本語であっても、知らない単語ばかりで構成されている文章を正確に読み取るのは困難です。

単語を覚える際に使用してほしいのが単語帳です。

 

文章でわからない単語を随時覚えていくという方法は単語を覚える量が時間あたりに少なくて効率があまりよくありません。

ですので、大学受験対策用の有名な単語帳を使用して一気に全て覚えきってしまってください。(私はターゲットを使ってましたよ)

 

単語の覚え方についてはこの記事を参考にしてみてください。

【最強の英単語の覚え方を伝授】科学的に有効な暗記の方法!覚えれなかったら猿以下

 

単語を覚えきっていないのに、長文問題をゴリゴリ解いていくのはやめてくださいね。

あまり意味がないので。

 

単語を覚えたら次は文法!!

必要な単語を覚えきったら、次は文法を完璧にしてください。

 

よく「長文問題しか出ないのに文法なんか勉強して意味あるの?」とうい的外れな

質問をしてくる方がいますが、単語と文法は英語の根幹です。

もちろん、英語ネイティブの方でしたら細かい文法なんて気にしないでも長文をスラスラ

読めるかもしれません。あなたたちが普段日本語でしているように。

 

でもあなたたち英語ネイティブではないですよね?

文法で体系的に英語の仕組みを学び、ある文が何を意図しているか誤解なく読み取るためには文法をきちんと理解しておく必要があります。

 

単語と文法の学習は並行してやってもらってもいいです。

文法を学習するときにそんなに難しい単語がでてくることはありませんし、注釈があると思うので。

文法の勉強では文法問題集を使用してください。

オススメはスクランブルやネクストステージです。

 

文法の学習がしっかりと済んだらいよいよ長文読解の練習

文法と単語を完璧にして、やっと長文に取り組んでください。

文法も単語もちゃらんぽらんなままで長文読解の練習をしても読めなくて

イライラするだけだし、失敗の経験が蓄積されてやる気を削がれるだけです。

 

きちんと基礎部分をマスターしてから取り組むようにしましょう。

 

長文の勉強で扱う題材は、500〜1000文字くらいのボリュームの長文です。

これは大学受験を控える受験生であれば、センター試験や関関同立・MARCHレベルの

過去問の長文で十分です。

社会人や就活生であれば、時事ニュースを読むということも兼ねてジャパンタイムズやCNNのニュース記事を読むといいでしょう。

日本語訳が載っている大学過去問がオススメですけどね。

 

そして今紹介した大学過去問などの長文を最低でも1日に2つ読むようにしてください。

そして長文を読んだ後、自分なりに要約してください。(頭の中でしてもいいし、紙にかいてもいいです。)

 

要するにこの文章ってこういうことを言ってるんだよね、というふうに。

 

毎日欠かさず2つ以上の長文を読んでいると、2ヶ月くらい経った頃には、びっくりするぐらいの情報処理速度と読解スピードを手に入れていると思います。

長文を読むのに時間がかかってセンター試験を時間内に解ききれないなどという寝ぼけたことを言うこともなくなるでしょう。

 

私も受験生の頃、半年以上毎日長文を最低3題読むようにしていたところ、センター試験では40分くらい余るようになりました。

 

英語の長文が読めないというのは確実に勉強不足です。

そして、なぜ長文が読めないのかという原因を明らかにするために必ず

単語→文法→長文というふうに勉強を進めてください。

 

最初から長文を読んでしまうと、読めないときに、単語を知らないからなのか?文法が

よくわかっていなくて文の構造を読み取れていないのか?内容が専門的で背景知識が不足しているからなのか?原因を突き止めることができなくなります。(まあたいてい全てが原因になってますけどね笑)

 

単語も文法も完璧に理解しているのに長文が解けないなら、何が原因かをすぐに追求できるはずです。少なくともとりあえずもう一回単語と文法を見直すか!というように自己満足で無駄なことに時間を使わなくて済むようになります。

 

ぜひ今回紹介した順序・方法で英語を学習してください。

勉強量をやれば受験英語・試験英語を解くぐらい造作もないです。

 

ちなみに私は両親とも純日本人ですし、留学経験もないし、英会話などに通ったことも

ない多くのみなさんと同じ状況でした。

量をやればできるということは私自身が証明しています。

 

まずは騙されたと思って手を動かしてみてください。


コメント